2020冬アニメ前半戦感想

1話以上見た奴だけ

 

・異種族レビュアーズ

この作品、エロ抜きでも今まで見たことない方向性でファンタジー種族の特性をしっかり考察して、独特な世界観を構築してるのが凄く良い。
他種族が仲良く共存する世界観の作品は数あれど、本来絶対あるはずなのに描写を避けられてた部分を明確に深堀して、ある意味究極的な共存の姿を見せられている感じがある。
まあ難しく考えずエロを楽しんでも非常に良い作品だと思います。

 

・痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

今期のダークホース
1期に1本位はなろう系見たい欲があるので今期はこれを雑に見てみたんだけど、大当たりでした。
基本的なストーリー展開はなろう系王道なので普通に楽しめるんですが、このアニメは何より作画が凄い。
2Dと3Dを全く違和感なく織り込んだ戦闘シーンは近年でも凄い迫力に見えます。
作画ガチャが仮にあるとしたら、この作品は最高レアを引いた時の好例として後世に語り継いで良いレベル
ダンジョンクリア後の絶景スポットも凄く綺麗に作られてる。
しかし、ダンジョンクリア後に観光スポットに至る設計ってのどっかで見たことあるんだよな、PSUだっけ…

 

・うちタマ

原作は俺が物心ついてからかなり初期に好きになったアニメ
(確かまだタマがしゃべらなかった時期だったような…)
1話を見てみたけど、とても懐かしい気分に浸れた。
ただ、不快感は無い物の擬人化されても別になぁ…という気持ちもあるので、1話以降は見てない。

 

・恋する小惑星

王道のきらら系アニメだけど、なんかありきたり過ぎてパンチが効いていない感じが否めない。
3話位まで見て視聴停止中。

 

SHOW BY ROCK!! ましゅまいれっしゅ!!

SHOW BY ROCKシリーズ自体が滅茶苦茶好きなものの、今回主役キャラが入れ替わる点に若干不安があった。とはいえ仮に出来がイマイチでも見る気でいたけど1話でその不安は吹っ飛びました。
やはりサンリオは「かわいい」を追求してきた年季が違う。
曲も流石にバンドがシナリオの軸なだけあってキャッチーな良曲ばかりなので、色んな意味でオススメです。当然最後まで見る。

 

・プランダラ

ふっつーのファンタジーアニメ
ほんとに普通。雑にファンタジー見たいならどうぞって感じ。
でもなんかダラダラ見ちゃってる。なんかダラダラ最後まで行きそうな気がしないでもない…

 

・へやキャン△

やっぱいいよねゆるキャン。短時間アニメとは言えかなり密度が濃い気がする?ゆるキャン△もそうだったけど、舞台の空気感を出すのが凄く上手いんですよね、つい没入してしまう。

 

・マギアレコード

この手の超名作の外伝って結構造りが雑になる事が多いんだけど、こいつは思った以上にちゃんとまどかマギカしてる。
旧作キャラも出てき始めたし、マギレコ未プレイの人でも十分楽しめる出来。多分最後まで追います。

 

異種族>SB69 = 防振り ≧まぎレコ = へやキャン >>その他って感じっすね。今の所。 

 

カード式オルゴールを買って東方曲その他鳴らしてみた記録

昔からオルゴールの音色は好きで、観光地にオルゴール館なんてあるとつい入っちゃったりしてたんですが、やはり既製品はどうしても当たり障りのない曲ばかりで、どうせなら自分の好きな曲を聴いてみたいって気持ちはずっとあったんですよね。

そんな時知ったのがカード式オルゴール、パンチ穴をあけた紙を自作すれば好きな曲を鳴らせるってものです。

これ、簡単に手に入る物だと20音位で半音もならせない簡易的な物しかなかったんですが、唯一ここで扱ってる33弁オルゴールだけは半音もならせるんですよね。
※今調べてみたら、30音の格安の中国産カードオルゴールもあるみたいです。
 手ごろに試して見たかったらこっちもアリかも。

www.01.246.ne.jp

ただ、欲しいと思っても結構値段も高く、何よりしばらく休業で生産しておらず手に入らなかったため諦めてたんですが、最近ついに再生産を開始したとの事で思い切って注文してしまいました。

発注の際は、調律を平均律中全音律か選べるのですが、激しく移調を繰り返す東方曲を作ろうと思ったら平均律しか選択肢はありません。
(この機会に調律について初めて勉強したんですが結構面白いっすね…人類の音階に対する苦悩が詰まってる。)

無事予定通りの2週間程度で品が届き、早速デフォルトでついている曲を鳴らして見ると非常に良い音が響きます。
固くて大きい板の上に置いて鳴らすと音量が増幅されてなおよし。

商品にオルゴール譜面制作ソフトも同封されているため、早速インストールして、一曲打ち込んで見たのがこちら。

最初穴あけが果てしない作業になりそうだったものの、慣れれば数秒で1穴開けれるため、無心でやれば1時間程度で作れました。
素晴らしい音色で満足。

続いて作ったのがこちら。

いや冷静になんで俺はこの曲を作ろうと思ったのか。
多分、カード式オルゴールの構造的に全部の音が1度なるんですが、それが「さらば!」を選んだ時のガーンって音に似てるから…とかそんなんでしょうか。
後は1ループが短くて簡単に作れそうだったからかな。
多分本物のオルゴールでこの曲鳴らしたのは世界で俺だけだと思います。

そして3曲目がこちら。

この曲は、こちら(北方幻視林_top)でオルゴールアレンジをしてくれたMIDIが公開されていたので、これ幸いと33弁に合わせて軽く移調や音の取捨選択だけしてフルで印刷してみた所、総全長3m位のとてつもない譜面が出来上がってしまいました…
演奏するだけでも腕がつかれるので、2枚くらいに分けても良かったかも。
ただやはり音色は満足。

 

動画じゃなくて生で聴くとなおさら味があるので、オルゴールが好きである程度お財布に余裕がある人は良かったらお試しください!

東方スペルバブル 八雲紫撃破動画&攻略メモ

昨日何とか初勝利を奪ったものの、勝利画面だけじゃ何も証跡が残らないな…と思ってキャプチャをセットしもう一度チャレンジ。

今度は無事1時間半程の連戦で撃破出来ました。
勝利試合は動画の21:00位から。

うーん、勝ったというよりは勝ちを拾ったと言った方が良い展開になってしまった。
ミスも多かったし、最後の青ラッシュ補充に助けられた感じっすね。
そりゃ紫も「…は??」ってなるわ。
でも勝てばよかろうなのだ!

 

最初はマジで一生勝てないと思ってた所から、何とか現実的な時間で勝ちの目が見えるまでに至るに当たって心掛けた事をメモ代わりに。参考になれば幸いです

 

スペカはイリュージョンスターが恐らく最安定
スペカ性能がそこまで高く無いのが、人類が対抗できる紫の弱点その1。火力は正義で、使い方も覚醒の発火ショットに合わせるだけと至って簡単。
イリュージョンスターに覚醒最大火力消しを重ねれば、よほど状況が悪くない限り大ダウン奪えます。反撃モードでは温存したほうが良さげ?
マスパはディフェンスに寄りすぎ、アステロイドは使い処が難しすぎる…

・ビビらず積極的に色玉追加を行う

紫は基本4列目までしか球出しをしないのが、数少ない人類が対抗できる弱点その2。
綺麗に消してるだけだと確実に火力負けしてジリ貧になるので、
出せる時は積極的に追加していこう
具体的な狙い目はこちらの覚醒、反撃モード終了直後。少なくとも5、6列目位までは出していきたい。
他にも通常モードで大きな拍撃を打ってフィールドが綺麗になった時なんかは狙っても良い。ただし覚醒が近いなら無理せず覚醒を狙っていく。

反撃モードは最速で消していく
拍撃終わった後に向き合わせて発射して…ってやってると紫がガンガン消して相殺するだけで終わってしまう事が多い。
拍撃中にカーソルを合わせておき、最後の一拍が終わったら即射出できるようにボタン連打する感じ。これだと結構攻撃が通るし、しばしばダウンも奪える。

・覚醒モードは各盤面の最大コンボをしっかり覚える

動画を見ればわかるが紫は覚醒時の矢印目押し系は適当にショットするので最大火力に至らない事が多い為、ここでしっかりアドバンテージを稼ぎたい。人類が比較的簡単に対抗できる数少ない弱点その3。

全部成功させなくても勝てない事は無い物の、最初から妥協して勝てる相手ではない
良く見ればそんなに難しくないので落ち着いて狙っていこう

黄色塗矢印で青塗玉の色を変えるパターンの盤面については、イリュージョンスターが溜まって無ければ無理に染めずに青→黄とそれぞれ消しても良いかもしんない。

試行回数を増やす
毎回ラストまで付き合っててもしょうがないので、状況不利が見えたらさっさとリトライしよう。
特に、自分の操作ミス起因や紫の想定外の大連鎖でダウンした場合取り戻すのは相当辛いので諦めが肝心。

 

こんな感じでした、後は大前提として発射精度と拍撃精度の向上も常に意識して行きましょう。

がんばって。

 

 

東方スペルバブル、本当に完走した感想

前回のレビュー書いて、一旦はスペルバブルは終わりにしてグラブルVSに集中するぞと思ってたんですが、どうにも後ろ髪を引かれてズルズルとやり続けた結果、ついに魔理沙編、難易度通常紫の撃破に成功しました!

スコアわずか3差のとてつもない接戦だった…

 f:id:deresute-uwaraba:20200212161731j:plain

 

という訳で、前回悪い点評価してた紫戦難易度が人間にも倒せる事を確認出来たので賛否両論に格上げしておきます。

やはり難易度は(Twitterでも時々言われてるけど)フロムゲー並みの死にゲーとして認識はしといて下さい。

 

また、この後原作のパズルボブルってどうだっけなと確認したんですが、アレって序盤から7色あるんですよね。それに対してスペルバブルは基本は3色、スペカやステージギミックが発動しても最大で5色。

当然同色の繋がりは多く大連鎖は当たり前のように起こり、また欲しい色が来ない事も圧倒的に少ないため、ゲームのコンセプトレベルでかなりの差が出ているように感じました。

例えるなら操作体系が同じFPSでも、お互いの武装がスナイパーライフルとロケットランチャーじゃ全然別のゲームになるよね、といった感じでしょうか。

当然スペルバブルはロケットランチャーの方で、パズルゲームとしての総合的な完成度はともかく、少なくとも爽快感に関しては圧倒的に上だと言い切れると思います。

 

後、これはTwitterでみて眼から鱗が落ちたんですが、良質な東方アレンジが41曲(うち12曲は新曲)も「フルで」収録されたコンピレーションアルバムとしてみれば、それだけで下手すりゃソフトの価格分位の価値があると言う見方もできるんですよね…

たしかに。

 

まあとは言え楽曲に価値を見出せなければゲームのボリューム的に高額なのは事実なんで万人にマストバイとまでは言えないんですが、東方ファン層にはオススメのゲームには違いないので、興味がある人は是非。期待は裏切らないと思いますよ。

 

ほんとにネット対戦が欲しいわ…

東方スペルバブル完走した感想

みんながグラブルVSに沸く中、出張が重なったこともありこっそり東方スペルバブル買ってやってました。

取り敢えず裏含めて全クリしたので感想を。

 

まず良かった点

 

・ストーリー

おまけかと思いきや、短いながらも結構面白かったです。

ゲームの良い意味での「所詮遊び」の部分にフィーチャーしつつ、昨今のe-sportsシーンやプロの心構えを随所に散りばめそれを幻想郷に違和感なく落とし込んだ中々読める物でした。

特に、若干ネタバレになるのですがスペルバブルって所謂「異変」では無いって扱いされる所が、何でもかんでも異変扱いして解決する定番展開と一風変わってて良かったです。

この点が「ゲーム」が持つ魅力とうまく溶け込んで、新しいタイプの2次創作ストーリーに仕上がってると感じました。

e-sportsプレイヤーはチルノプロの意識を学んでいけ

 

・ゲーム性

基本はパズルボブルなのでそこには文句のつけようも無い。安定した面白さです。

リズム部分は低難易度だとテンポ悪くしてない?って疑問もよぎるのですが、高難易度になってくるとその重要性が分かってきて丁度いい緊張感を抱き違和感も吹き飛びます。大きな連撃踏んだ時とかめちゃくちゃ気持ちいいっすよ。

あと、対戦においてはこれが良いタメになってるんですよね。ぷよぷよも相手の連鎖中にこっちも連鎖を延ばしたり足掻く要素があるように、拍撃中に必死で整地したり覚醒狙ったりと色々やりようがあって、なかなかアツい。

スペルカードも各キャラ複数種類用意されてて選び甲斐があります。探せば壊れとかありそうだけど…

 

・音楽

少し古いけどメジャーな東方アレンジのオンパレードって感じです。ただ、新曲も結構な数含まれてて中々良い。ZUNTATAもコンポーザー陣に入ってるのは熱い。テーマソングも妙に頭に残るんですよねアレ。

ただここが妙に値段高い理由がここなんじゃ無いか疑惑も若干有り。

 

続いて賛否両論ありそうな点。

 

・難易度

表の霊夢編は丁度いいと思うんですけど、裏の魔理沙編がヤバ過ぎる

タダでさえ思考力が上がった上にステージギミック追加、敵のスペカ強化まで入り今時のストーリーモードにしてはやり過ぎなレベルで強い。パズルゲーム初心者の人は無理せず難易度「やさしめ」にして、のんびり上達を楽しんで行こう。

とは言え、普通のゲーマー程度の自分にとっては、イライラするギリギリ手前の「めちゃくちゃ手応えある」レベルで楽しくプレイできたので、落とし所はかなり良い点ついてると言っても良いのかもしれないですね。

 

最後のヤツを除いては…

 

・声優

まず声優がつくこと自体が嫌な人がいるとは思いますがそれは一旦置いといて、滅茶苦茶個人的な感想になるんですがちょこちょこしっくり来ない人選がいるなって印象です

後、それ以上にマスタリングが上手く行ってないような…一部声が聞き取りにくいキャラもいた様に感じます。

ただ、逆に今まで聞いた中で最高クラスにマッチしてたと感じるキャラもいるので、賛否両論にしときます。

良かったキャラだけあげると、妖夢、にとり、こいしあたりはかなり自然に聞けた。

魔理沙、射命丸、天子はなんというか新たな境地を切り開いてる感ある。

 

・キャラ選択

王道一直線。地霊殿までの取り敢えずこいつら出しときゃええやろ的な超保守派選択。もう少し新しいキャラ散りばめても面白かったかもしれないっすね。10年前のキャラしか出てないと言われて色々泣きそうになります。

アプデやDLCに期待。

 

悪かった点

 

・価格

もうとにかくこれ。

これさえ無ければ万人にオススメできた。

これから下にいくつか悪い点書くけど大半がここさえまともなら納得出来るところ。

 

・ネット対戦がない

今時これはちょっとね…

別に豪華なロビーとか用意しなくていいから、簡単な腕前表示とマッチングだけでも搭載してくれないものか

 

・ストーリーのボイスがフルじゃない

大した量じゃないしフルで入れて欲しかったかな…値段を考えればだけど。

 

・人形文楽

スペカとしての強さはともかくパズルゲームで操作そのものを阻害するのは流石に不快感の方がデカくない?

 

魔理沙編難易度通常の紫

バグだろこいつ

敵役として強化されたスペック持たされた上に、盤面を瞬時に判断して最適なポイントに最速で弾を打ち込んでくる。

マジな話TASさんを倒せって言われてるレベルでは…?

50戦すると40戦は覚醒前に秒殺され、6戦は紫の後追いで覚醒は出来るがジリ貧で死亡し、3戦は先行覚醒出来るも最大反撃食らって死亡、1戦だけ覚醒前に先行ダウン奪えるって感じ。

この1戦を引いた時だけギリギリ勝ち筋のほんの一端が見えるレベル。

結局グラブルVS投げ捨てて丸一日挑み続けても手も足も出ず。難易度やさしめにして何とか撃破しました。

パズルバブル上手い勢なら見える物も違ってくるのかな…

 

 

 

こんな感じです。

総括すると、値段さえ無視すれば十分人にオススメできる良作に思えます。何か一つでも魅力に感じる点があれば、買って損はしないはず。

あとよくオフでツルむ友達が居るならこれもまたオススメ。switchの定番パズルゲームのポジションに入れそう。

何も考えずにswitchの1パズルゲームとして見るなら、価格に答え切れるかは人次第になるかな…特に霊夢編ストレートクリアできる程度のパズル力があるならボリューム不足を感じてしまうやも。いずれ来るであろう割引セールを待っても良いかもしれませんね。

万が一アプデでオンラインが実装されたら即買いしてもいいと思います。

2019秋アニメ 完走した感想

今クールはそんなに数見てないんですよね。
イマイチ話題作も無かった様にも思える。

アズールレーン
5話位で切り。
とりあえず他キャラだして派手なアクションやらせて、ストーリーや説明は端折るか、視聴者側で見出して下さい見たいなスタイルのアニメ。最近流行り?
カバネリ、コトブキ飛行隊とかがその系統になるのだろうか。
このタイプは、ガッツリ引き込めるととんでもないスケール感を演出できる反面、ワンミスで凡作に落ちる印象、アズレンもイマイチ乗り切れなかった感じある。
(ちなみにこのタイプの最大の成功例がガールズ&パンツァーになるのかな)
とは言えそんなにディスも聞かないし、ファンの期待を裏切らず上手くまとめてはいたと思う。
ただ個人的に言えば、原作に大きな思い入れがなかったからか艦これの方が尖ってて楽しめたかも。

 

・慎重勇者

このすばと同じような匂いを出しておいて、要所要所のシナリオは結構ガチシリアスやるの、嫌いでは無かった。
…けど、終わり方は流石にちょっとシリアス側に振り過ぎかなとも思う
まあ原作ありきだから仕方ないとこではあるか。
少し王道から外れたなろう系として楽しめた。

 

・旗揚!けものみち

今期一番頭カラッポにして楽しめた。
シグレは見た目もキャラもかなり好き。
カーミラも終盤ぐらいにはなんかこれはこれで愛らしく見えてきたとこある。
ストーリーはちょっと勢いとキャラパワー任せすぎなとこはあるかな…
でも二期があればまた雑に見たい。

・本好きの下克上

多分今期で総合的に一番楽しめた。
というか先が気になり過ぎて原作に手を出した結果酷い目にあった。
2週間位全ての余暇をなろう読破に吸い取られた感。
賢者の孫以上に、終始「俺、また何かやっちゃいました?」を繰り返している作品なのに、頭がおかしいレベルで本が好きというキャラ付けをする事で上手く臭みを抑えてられてる感じ。
キャラ造形をただのわかりやすい萌えキャラから少し外してるのも作品に良くあってる
かなりこれからってとこで切られてるので第二部に期待。
出来れば長い時間かけていいから最後までアニメにしてほしい。
寧ろ夕方位に世界名作劇場と同じノリでやってもよかったんじゃ?

 

名作 

良作+ 本好き

良作  慎重 けものみち

良作- 

観れる アズレン

微妙  

ダメ  

 

2019年全体としては、良作は多かったけど後に残る大名作は生まれなかったんじゃないかなと。ちょっと小粒な印象でした。
最優秀賞をどれか一本選ぶなら「まちカドまぞく」かな。
話の〆方だけは大名作レベルのオーラあった。
後は特別章で「魔王様リトライ」。
全体から漂う予算感に対しての意外すぎる面白さは過去類を見ないレベル。

まあ後は「天気の子」の存在もデカいかも。
深夜アニメとは別枠とはいえ、
漂う小粒感もこいつに全部持ってかれただけかもしれない

2019夏アニメ 最後の感想

コップクラフト

視聴中断中。

ティラナがネコになるあたりまでみた。
尻上がり的にティラナが可愛くなっていった感じあります。
この作品、シティーハンターみたいになんか淡々と長期間やっててほしい印象あるんですよね。
作品の世界感って意味だと今期で一番好きまである作品。

 

・女子高生の無駄遣い

完走。

みんな女子高生で服装なんかは一緒なのに、全員キャラが立ちまくってる凄いアニメ。
シュールって呼ばれないギリギリのラインを絶妙に攻めてて、何やら大変センス的な物を感じるアニメでした。
後半ロリが出しゃばってこなかったのは好印象。
二期はまああれば嬉しいが無くても良いんだけど、ヤマイのショートアニメだけ作ってくないですかね?

 

ダンまち2

完走。

可もなく不可もなく。ダンまちだねって感じ。
ただなあ、今回神vs神の構図ばっかりで、ベル君そっちのけ感強かったんですよね。
ダンジョン潜れよと。
まあ三期もやりそうな感じなので始まったら見ます。

 

ダンベル何キロ持てる?

完走

良くも悪くも普通に面白いレベル。
最初こそ話題性でぶっちぎっていったけど、最終盤でシャミ子に持ってかれてしまった感ある。
結構筋トレのモチベーションになった人もいるだろうしオタクに健康を促すアニメは毎期やってどうぞ

 

・手品先輩

完走

ショートアニメとしては非常に完成度高い
個人的に安易にパンツを晒すアニメはなんというか作品の格を著しく落とすと思ってるんだけど、このアニメはまあこのキャラならパンツの一つや二つ晒すよねってキャラ付けがしっかりできた上でなので無くはない。
もうちょっと科学部先輩を見たいので、二期希望。

 

・魔王様リトライ

完走

最後の最後まで何故か面白かった。
世に言うダークホースって、前評判は全然無かったのに突然高い作画力や緻密なストーリー、魅力的なキャラクターによって一気に目立つパターンが多いんだけど、この作品は最後まで作画はショボいしストーリーは行き当たりばったりだしキャラクターはテンプレパチもんキャラばっかりなのに、何故か最後まで面白いという良い意味で不可解なアニメでした。
ハーレムものではあるんだろうけど、きちんと力を持ったオッサンが主人公だから謎の安心感があったのかな。オッサン重要。
ツダケンの声もシリアスポジションとギャグポジションでしっかり使い分けられてて良い上に、全体的にはギャグよりの雰囲気を感じるのが絶妙だったんでしょうね。
次の一話が楽しみという意味では終始今期最高を走っていた感じです。続け。

 

・ロード・エルメロイII世の事件簿

視聴中断

ちょうど肝心のレールツェッペリン編に入る手前で見なくなってしまった。
後半は話題も全然聞かなくなっちゃったし、やっぱりこの作品とアニメっていう媒体は相性悪かったんだろうね。
事前の期待もあり、かつ作画も声優も全て悪くないのになんかイマイチなポジションに落ち着くってのは中々珍しい例では。

 

 ・まちカドまぞく

完走

これは素晴らしい作品でした。
きらら作品としてゆるゆりイチャコラ展開はきちんと押さえつつ、出るキャラ出るキャラどこか毒を持っているのが実に良いアクセントになっているという。
シャミ子が実は割とシャレにならないレベルの虚弱体質だったりとか、桃の魔法少女全盛期は相当ダーティな環境にまみれてたっぽい雰囲気出してくるところとか。
特に最終回はほんとアニメの教科書に載せても良いレベルの素晴らしい物でした。
ナレーションは最初から毎回「頑張れシャミ子」を連呼しやたらと肩入れしてるんだけど、最後の最後は少し言い回しを変えることでその理由にハッキリ答えを出す所が本当に素晴らしい。こういうので良いんですよ。
しかも滅茶苦茶感動的で素晴らしい演出だけどこれってシナリオの本筋からは割と影響無いんですよね。この上ない程綺麗に落としているのに、シレっと二期が始まっても全く違和感が無いという、全く文句をつける所が無い完璧な代物。
今期は割と豊作だったと思うんだけど、原作買うに至ったのはこれだけでした。

 

 

名作 まちカドまぞく(最終回)

良作+ まちカドまぞく 魔王様リトライ

良作  ダンベル 女子高生

良作- ダンまち2 手品先輩 コップクラフト ロードエルメロイ

観れる 彼方のアストラ

微妙  

ダメ  全体攻撃母

 

終始魔王様リトライが謎先行、その後をダンベル、女子高生辺りが追っていたものの、後ろからまちカドが猛烈に追い上げてきて、最後の最後で差し切ってゴール、って感じのシーズンでした。全体的にかなりの豊作だったのでは